借金を返すアルバイトの選択

借金を返済するために支出を切り詰めている人は多いことでしょう。しかし切り詰めるにも限界があります。 くるしい状態を脱出するには収入を増やせばいいわけですが、今すぐ給料が上がるわけはありません。そこでアルバイトをするという選択肢が出てきます。 働きながらアルバイトをしている人は結構いるものです。収入を増やしたい人もいますが、やはり借金返済のために少しでもという人が多いですね。 月曜から金曜のフ

続きを読む

副業で賢く借金を返す

返済しても返済しても減らない借金。支出を抑えるには限界があるので、なんとか収入を増やしたいところですが給料アップは当分見込めそうにない経済状態です。 そこで賢く利用したいのが、副業の存在です。本来の仕事が終わり空いている時間で副収入を得て借金返済に充てようということです。 チェックしたいことは、まず現在働いている本業の会社で副業が禁止されていないかどうか。そして自由になる時間がどれくらいあるの

続きを読む

質屋を利用する

一定の年齢になると結婚式が重なってご祝儀貧乏、なんてことはある話です。どうしても貯蓄で間に合わない場合、金融業者からの借金以外でも緊急策があります。 日本では昔からある質屋さん。上手く使えば便利なシステムですのでご紹介しておきましょう。 まず前提として18歳以上の年齢制限があります。また身分証明ができるものがなければ利用できませんので注意が必要です。 質屋とは、自分の持ち物を担保にしてお金を

続きを読む

親に頼るのも返済手段のひとつ

お金を借りる理由は人それぞれです。ギャンブルで作る人もいれば、夢の実現のためにする人もいるでしょう。 その理由によるところもありますが、返済について相談する人がいないという声はよく聞きます。特に親には借金のことを言いたくない人が多いでしょう。 しかし、場合によっては親に肩代わりしてもらうことも考えなくてはいけません。もちろん、親御さんに余裕があるという前提です。 借金を一旦全額返済してもらえ

続きを読む

貸金業規正法との関係

アパートに怖いお兄さん達が乗り込んできて、怒鳴りながら借金を返せと迫る。こんなシーンが許されるのは、現実ではドラマだけです。 今は悪質な取り立て行為は貸金業規正法という法律で禁止されています。明らかに脅しであったり暴力を振るったり会社に押しかけて迷惑をかけたり、といった行為を悪質な行為としています。 時間帯もしっかりと規制されていて、深夜早朝の時間帯は禁止されています。夜の21時から朝の8時ま

続きを読む

債務整理にかかる報酬の相場は?

債務整理をして借金返済に目処をつける方も多いことでしょう。司法書士や弁護士に依頼をするパターンが多いですが、割合的には弁護士に依頼するほうが若干多いようです。 弁護士というと法律のプロフェッショナルですから、頼りになる分こちらから意見を言うのが憚られる場合があります。しかし良心的な弁護士ばかりではありませんので依頼の際は注意が必要です。 弁護士や弁護士事務所の中には債務整理を行う人を狙ったぼっ

続きを読む

信頼できる弁護士に頼もう

借金返済で債務整理などの法的手段をお考えの方は、司法書士や弁護士といった専門家に依頼することになります。 司法書士も弁護士も数多くいるので、どの人に依頼するのか最終的に決めなくてはいけません。 最近ではグレーゾーン金利の問題で債務整理の件数が格段に増えています。本来なら面接を経て相談しながら解決することをメールなどで済ませる業者が出てきています。 メールや電話のみでやりとりが終えられるので成

続きを読む

債務整理の正しい情報を知ろう

債務整理という言葉をご存知ですか。 借金返済が出来なくなった人が法的な手段で今後の返済の道を作る、といえばわかりやすいでしょうか。 債務整理といっても様々な種類があり、「特定調停」「任意整理」「個人再生」「自己破産」と状況に応じてレベルがわかれています。債務整理=自己破産ではないのでお間違いなく。 自己破産とは何百万、何千万の借金を抱え利子の支払いすら滞りどうしようもない、という状況で考える

続きを読む

自己破産と連帯保証人

今まで平穏無事な生活を送ってきたのに、ある日突然借金を一括で返せと言い渡される。普通ならありえませんが、もしあなたが連帯保証人になっている場合は笑い事ではありません。 いつこうなってもおかしくない状況にあるのです。連帯保証人とは主債務者が返済履行不能になった場合同じ責任を負いますよ、と明言しているものなのです。 他人の連帯保証人であろうが家族であろうが同じです。自分がサインをしたわけですから、

続きを読む

既存の借金を借り換える

一生のうちで一番大きな買い物と言われているのが住宅です。多くの方が住宅ローンを組んでの購入を選びます。 今では50年かけて返していくようなローンなども出てきており、まさに一生一緒に付いてくる借金になります。住宅ローンは慎重に検討しなくてはいけません。 住宅ローンの借り換えという方法をご存知でしょうか。今の条件より好条件の金融機関からの借りいれで現状のローンを一旦一括で返し、また新たな条件で返済

続きを読む