借金ループから抜け出すために

お金を作ることは難しいことです。仕事をして稼ぐにしても、それなりの時間と体を犠牲にしなくてはいけません。 一方で使う時の早さというと、驚くほどあっという間に財布は軽くなっていきます。これがお金の恐ろしいところです。 借金となるとさらに扱いは難しくなります。借りるときは返済できる自分しかイメージしません。しかしいざ返済時になると計画通りにいかず行き詰ったりするのです。 クレジットカードは最たる

続きを読む

借金とブラックリスト

債務整理を行ったり借金返済の遅滞がある方にとって、ブラックリストという言葉は聞きたくないものです。ブラックリストは何を指すのでしょうか。 借金をしたり返済したりの一連の行動その全てがデータで保管されています。これは個人信用情報機関と呼ばれる幾つかの機関で厳重に保管されている情報データです。 これがなぜか一般的にブラックリストと呼ばれるようになったのです。ブラックというと怖いイメージがありますが

続きを読む

クレジットカード現金化などの甘い罠に気をつけよう

最近問題になっているクレジットカードの現金化は、社会問題としてよく取り上げられます。消費者庁まで出てくる事態になっていて、深刻な事態です。 いったいどういう仕組みなのか、簡単にまとめてみましょう。クレジットカードには、借金できる「キャッシング」とカードを使って買い物ができる「ショッピング」の機能があります。 ショッピング機能は、普通に考えれば買い物にしか使えませんのでそこから現金化などとは考え

続きを読む

あと3日待ってくれが招く恐ろしさ

よく借金の返済を迫る貸金業者がアパートまで押しかけて、というドラマの1シーンがあります。そこで借金をしている人は「あと3日待ってくれ」と懇願します。 あと3日待ってもらっても返済できるあてがないことぐらいみんなわかっているのですが、どうしても口から出てしまうのですね。実際に支払いが滞るとどうなるのか、知っておきましょう。 支払いが滞るとまず、遅滞分の利息が発生します。わざと遅れようが、病気で遅

続きを読む

自己破産とは

借金返済に苦しむ人たちのために、債務整理という手段があります。金利の見直しや減額を図ることで、返済可能な範囲で期間を決めて返していく方法です。 通常は任意整理や個人再生といった手段を弁護士などに依頼し行うことが多いです。しかし、これらの手段をもってしても借金の返済が不可能という方もいます。 最終手段として「自己破産」という手続きを選ぶことができます。企業でいえば倒産ということです。専門家を通じ

続きを読む

個人再生とは

膨らんだ借金の返済はとても難しいものです。最初の計画通りにはいきませんし、利息の支払いだけで毎月大変な人も多いことでしょう。 一人でどうしようもなくなったら、法的な手段に頼ることもひとつです。債務整理にはいくつかの種類があり、その中のひとつに「個人再生」と呼ばれる方法があります。 個人再生とは、裁判所に申し立てを行い借金総額そのものの減額をお願いする方法です。全額なくなることはありませんので、

続きを読む

任意整理とは

計画的に返済していたはずがいつの間にか膨らんだ借金で首が回らない。自己破産しかないのか、と考えるまえに他にも方法があります。 債務整理と呼ばれる法的手段がいくつかあり、その中のひとつに「任意整理」と呼ばれる手段があります。これは司法書士や弁護士に依頼しますので、債権者とのやりとりを一任することができます。 多くの場合、多額になった借金の返済が追いつかなくなった人が依頼します。ですので、金利の見

続きを読む

特定調停とは

人生は長いので色々なことがあります。最初は返せると考えて作った借金ですが、収入の変化なのでうまく返済できなくなることだってあります。 借金が返せなくなって自己破産、の前にまず出来ることがあります。債務整理のひとつである「特定調停」です。 特定調停は弁護士などに相談しなくても個人で出来る法的手段です。 簡易裁判所という手続きが比較的簡単に行える事例を扱う裁判所があります。特定調停はかいつまんで

続きを読む

過払い請求で返済のゴールを目指そう

借金返済で悩んでいる方なら、過払い請求の話を一度は耳にしたことがあるでしょう。消費者金融のニュースで話題になったので、興味のない方で言葉は知っているはずです。 この過払い請求は読んで字の如く「払い過ぎた金利分を還元してくれ」ということです。つい最近まで、グレーゾン金利というものが幅を利かせていました。 消費者系の金融会社はほとんどグレーゾーン金利を適用していたはずです。利息制限法と出資法という

続きを読む

転職で収入を増やす

借金返済のために副業やアルバイトを掛け持ちしている人も多いでしょう。仕事がある場合や勤務先で認められている人はいいですが、そうでない人は他の選択肢を探すべきです。 たとえば転職という手段も一考の余地ありです。転職してもし収入が増えれば副業やアルバイトをする必要もないですし、借金返済を考えればそのほうが懸命です。 また、アルバイトをしたいと考えているにも関わらず副業を認めない企業は多いものです。

続きを読む