借金返済 無料相談

借金とブラックリスト

債務整理を行ったり借金返済の遅滞がある方にとって、ブラックリストという言葉は聞きたくないものです。ブラックリストは何を指すのでしょうか。

 

借金をしたり返済したりの一連の行動その全てがデータで保管されています。これは個人信用情報機関と呼ばれる幾つかの機関で厳重に保管されている情報データです。

 

これがなぜか一般的にブラックリストと呼ばれるようになったのです。ブラックというと怖いイメージがありますが、債務に関する事故情報を管理した個人データに過ぎません。

 

事故というのは債務整理や返済の延滞というようなことです。これらの情報を金融機関がチェックできるようにすることで、多重債務者の防止や債権の回収不能を防いだりすることができます。

 

借金をする人を何の制約もなく放置すれば、不良債権ばかりになってしまいます。これでは金融の基盤が安定しませんし、社会的に考えて悪影響であることに間違いはありません。

 

ブラックリストや債務情報が野放しにされているようなイメージがあるかもしれません。しかし重要な個人情報ですので、基本的に本人にしか開示できないようになっています。

 

その他閲覧が可能なのは、借入れ時の金融機関などです。情報機関の加盟金融機関もチェックのために閲覧可能です。本人以外は、たとえ身内でも発行はできません。

 

CCBや全銀協といった債務情報を専門に扱う機関が存在します。そこに本人確認書類を持っていけば、自分の債務情報を発行してもらうことが可能です。

 

借金返済の計画をたてたい人は、一度専門機関に出向き今の状況を確認するのもいいでしょう。遠方の方は郵送でのやりとりも可能です。

全国対応の借金解決無料相談事務所