借金返済 選択

借金返済 選択のライン

多額の借金を抱えてしまった場合、その利子も相当な額になってきます。

 

毎月の返済で利子ばかり返している状態、という方はそろそろラインを引いたほうが賢い時期といえるでしょう。

 

つまり、このまま利子ばかり払い続けるのか自己破産などの法的手段を選択するのかということです。自己破産とまではいかなくとも、債務整理などで利子を減らせる可能性もあります

 

自分ひとりでの判断が難しい場合は、司法書士や弁護士に相談するのが一番です。まずはここで、自分が選択のライン上にいるのかどうか確認しておきましょう。

 

まずは家計のチェックです。直近1ヶ月の収入と支出を振り返ってみましょう。

 

収入から支出を引けば、使えるお金の合計が出てきます。この際、すでに借金の返済に充当されている金額は別で考えます。あくまで今自由になるお金を算出します。

 

ここから本番です。債務整理や個人再生などの方法をとる場合、36回払い(3年)が基本となります。毎月自由なお金が3万円、借入が150万円あったとします。

 

3万円×36回で、仮定した人の返済能力は108万円になります。借入れが100万円なら整理系の返済が検討できますが、150万円でオーバーしているので自己破産の範囲になります。

 

自己破産をすると生活に色々な制限がかかります。出来れば任意整理などで済ませたいところです。専門家に相談すれば、36回ではなく48、60回など回数を延ばすこともできます。

 

まずは自己破産以外の方法を検討し、どうしても無理だと判断されたら自己破産という選択にしましょう。借金は返すことが大前提です。

全国対応の借金解決無料相談事務所

link10