借金返済 連帯保証人

自己破産と連帯保証人

今まで平穏無事な生活を送ってきたのに、ある日突然借金を一括で返せと言い渡される。普通ならありえませんが、もしあなたが連帯保証人になっている場合は笑い事ではありません。

 

いつこうなってもおかしくない状況にあるのです。連帯保証人とは主債務者が返済履行不能になった場合同じ責任を負いますよ、と明言しているものなのです。

 

他人の連帯保証人であろうが家族であろうが同じです。自分がサインをしたわけですから、責任をもって対処しなくてはいけません。

 

法の解釈だけで言えば、債権者は連帯保証人に借金の一括返済をしてくれということが出来ます。しかし実質は無理なことが大半で、その多くの方が自己破産の道を選ぶことになってしまいます。

 

他人の借金の肩代わりで自己破産とは、目も当てられません。そこで、一括ではなく従来の主債務者と同じ分割で支払い続行という返済も、場合によっては認められることがあります。

 

ただ分割にしてくれというだけでは難しいですが、現状の収入や返済計画を綿密に提示することで債権者も理解してくれる場合が多いです。自己破産されて返ってこないより、少しでも貸したお金が返ってきたほうがいいですからね。

 

このように分割で支払いながら、自己破産した主債務者から相当額を受け取るということも可能でしょう。連絡だけは途絶さないように気をつけておきましょう

 

自己破産すれば借金は消える、と考えている人が多いです。しかしこのように連帯保証人や周りの人に迷惑をかけることになるのです。自己破産の前に出来ることを全力でやりましょう。

全国対応の借金解決無料相談事務所