借金返済 約束

借金を返すために守りたいこと

いつまでたっても借金の残額が減らない。なんのために働いているのか。そう落ち込む前に、あなたは最善の努力を行っているでしょうか。

 

本当に返済しようと考えるなら、強い意志を持って守らなければいけないことがあります。いくつか挙げますので、すぐにでも行うようにしましょう。

  1. クレジットカードは使わない・・・クレジットカードは財布からお金が出て行かないので金銭感覚が鈍くなります。クレジットカードの使いすぎが借金の原因という方も多数いらっしゃいます。

    生活の必要経費、例えば光熱費やNHKの受信料、保険料といったお金も出来れば現金払いに切り替えましょう。現金が手元から消えていく感覚が正常に戻れば、お金を借りることが怖くなるはずです。

  2. 家計簿をつけよう・・・難しいことはしなくて大丈夫です。要は、収入と支出の関係を自分で把握できるようになればいいのです。

    返す分を考えずに毎月の計画を頭の中でしてしまう人は、必ず家計簿をつけましょう。自分が今までどれだけ無駄なお金を使ってきたか、手に取るようにわかります。
    借金の利子分や総額の把握もきちんと行いましょう。一括返済時との差額が分かれば、利子がどれだけ大きいかよく理解できます。

  3. 明確なゴールを決めよう・・・借金の返済計画はきちんと立てられていますか。返済計画表を作って、最終的にいつ終わりがくるのかゴールを明確にしましょう。

ゴールがわかれば、その日まで頑張って努力することができるものです。目標を達成したときにやりたいことを考えておくのもいいでしょう。

全国対応の借金解決無料相談事務所