借金返済 無料相談

既存の借金を借り換える返済方法

一生のうちで一番大きな買い物と言われているのが住宅です。多くの方が住宅ローンを組んでの購入を選びます。

 

今では50年かけて返していくようなローンなども出てきており、まさに一生一緒に付いてくる借金になります。住宅ローンは慎重に検討しなくてはいけません。

 

住宅ローンの借り換えという方法をご存知でしょうか。今の条件より好条件の金融機関からの借りいれで現状のローンを一旦一括で返し、また新たな条件で返済を始めるものです。

 

現状の条件より良くなりはしますが、ご自身の状況によっては必ずしもお得とは言えません。下記の条件に当てはまるようなら借り換えの必要はないといえますのでチェックしてみましょう。

  1. 現在のローン残高が少ない・・・・借り換えにかかる諸費用のほうが金利差で得をする額よりも高くなる可能性が大です。
  2. 現在の金利との差が1%未満・・・1%未満では諸費用を考えると借金を返す効果という面ではあまりありませんので、お勧めしません。
  3. 返済期間の残りが数年程度・・・こちらも諸費用のほうが高額になってしまいますので要検討です。
  4. 現在の適用金利が2%以下の固定金利、もしくは優遇金利の設定が適用される固定金利の場合・・・このような好条件の固定金利は他にありませんので、現状の金融機関でいきましょう。
  5. 数年以内に一括返済予定・・・諸費用分が無駄になってしまいますので、借り換えの必要はありません。

つまり、借金総額が大きく返済期間も長い、且つあまり有利な条件で借りいれ出来ていないローンは借り換えの余地があるということです。諸費用がかかる点がポイントですね。

全国対応の借金解決無料相談事務所

link03