自己破産とは

借金返済に苦しむ人たちのために、債務整理という手段があります。金利の見直しや減額を図ることで、返済可能な範囲で期間を決めて返していく方法です。

通常は任意整理や個人再生といった手段を弁護士などに依頼し行うことが多いです。しかし、これらの手段をもってしても借金の返済が不可能という方もいます。

最終手段として「自己破産」という手続きを選ぶことができます。企業でいえば倒産ということです。専門家を通じて、破産の申し立てをするところから始まります。

裁判所に自己破産の申し立てを行い、免責決定が出たら自己破産が成立することになります。苦しんできた借金が免責になり、解放されるということです。

しかし、これはあくまでも最終手段です。借りたものは返す、これは基本です。借金を免れるということは、それなりの見返りが降りかかることになります。

実生活でいえば、クレジットカードの利用や新たな借り入れは不可能になります。破産者として国に登録されますので、引越しひとつでも様々な手続きが必要になってきます。

郵便物ですら、破産管財人の管理の下に置かれますので、当分は不自由な生活ということになります。また、自己破産後の7年間は新たに借りいれが出来たとしてもその免責を受けることはできません。

そのほか借入金が帳消しになるといっても連帯保証人の免責はなく、様々な人に迷惑をかけることになります。その覚悟をもって、決定しなくてはいけません。

安易に選択せず、まずは他の債務整理の方法では無理かどうか考えましょう。自己破産は大きな傷となって後の人生にも影響してきます。

コメントは受け付けていません。