借金返済 ヤミ金トラブル

あと3日待ってくれが招く恐ろしさ

よく借金の返済を迫る貸金業者がアパートまで押しかけて、というドラマの1シーンがあります。そこで借金をしている人は「あと3日待ってくれ」と懇願します。

 

あと3日待ってもらっても返済できるあてがないことぐらいみんなわかっているのですが、どうしても口から出てしまうのですね。実際に支払いが滞るとどうなるのか、知っておきましょう。

 

支払いが滞るとまず、遅滞分の利息が発生します。わざと遅れようが、病気で遅れようが関係なく遅滞分は発生し、その利率は高めに設定されていることが多いです。

 

それが繰り返されると、利息を払うだけで毎月の返済が終わるという最悪の状態になってしまいます。遅延だけはなんとしても避けたいところです。

 

また、最近ではニュースになったこともあり沈静化しているように見られますが、悪徳業者ですと騒々しく取立てにくることもあります。督促状は当たり前ですし、まず電話が毎日のようにかかってきます

 

無視していると今度は家まで督促に来るのです。勤務先にきて必ず面会を迫る業者もあります。こうなってしまうと自分だけでなく周りにも迷惑がかかります。

 

このような状況の場合、警察も自業自得ということで動いてくれない場合が多いです。長引くと職場を解雇されたり住居を追い出されたりすることもあります。もちろん離婚の原因ともなるでしょう。

 

あと3日待ってくれ、はもうどうにもならないサインなのです。そうならないように、借金はきちんと返済計画を立てて遅れないように心がけておきましょう。

全国対応の借金解決無料相談事務所