借金返済 クレジットカード

クレジットカードを使うなら知っておこう

クレジットカードは、一括で返す場合でも一時的な借金と捉えることができます。現金が出て行かない分、借金である感覚がなくなるのが使いすぎの原因です。

 

返していく方法は各社様々な方法がありますが、一般的に一括、分割、リボルビングの3種類の方法が存在します。一括払いなら利子を支払う必要がないので、使い方によっては便利なこともあります。

 

何か大きなものを購入するときは、分割払いにすることもあるでしょう。分割には元金均等と元利金等という方法が存在します。

 

言葉は難しいのですが、簡単にいえば「元金の割合を増やして早く返し終わる」のか「返済額の合計が多くなっても、毎月同じ金額で返す」かの違いです。得なのはもちろん元金均等です。

 

ただし、毎月の収入は決まっているものです。それを踏まえると、多少の損はあっても元利金等のほうが計画は立てやすいでしょう。

 

リボルビング払いは通称「リボ払い」と言われて最近使う人が増えています。毎月定額で返していく方法で一定の枠が設けられており、その枠内であれば何度借入をしても返済額が変わりません。

 

リボは元金定額、元利定額、残高スライド、定率といった4種の方法がメインです。元金や元利は分割払いでの説明と同じで元金定額が一番お得です。

 

リボによる借入を頻繁に行う人は、残高スライドや定率方式を選んだほうがゆとりを持って返すことができます。またある程度資金ができたら月々の返済額を増額したり一括返済もできます。

 

一般的に9%〜18%の年利の会社が多いので、利子の支払い割合は高めです。あくまで借金である意識を忘れないように注意しましょう。

 

ちなみに、クレジットカードでリボ払い等を選択するのなら銀行カードローンを使った方が明らかに金利が安いことは意外と知られていません。

全国対応の借金解決無料相談事務所