借金返済 クレジットカード

クレジットカード現金化などの甘い罠に気をつけよう

最近問題になっているクレジットカードの現金化は、社会問題としてよく取り上げられます。消費者庁まで出てくる事態になっていて、深刻な事態です。

 

いったいどういう仕組みなのか、簡単にまとめてみましょう。クレジットカードには、借金できる「キャッシング」とカードを使って買い物ができる「ショッピング」の機能があります。

 

ショッピング機能は、普通に考えれば買い物にしか使えませんのでそこから現金化などとは考えもしません。しかしそこに甘い罠があるのです。

 

クレジットカードの現金化には、その専門の業者が存在します。そこからある指定の商品を「ショッピング」で購入します。

 

例えば50万円の商品を購入します。すると、40万円を購入者にキャッシュバックするというものです。またはその商品をそのままグループで他業者に転売し、差額を渡したりします。

 

どちらにせよ、支払う金額よりも現金のほうが少ないのです。そして購入後に50万円の請求がカード会社から来ることになり、利息も含めた借金となり返済スパイラルにはまっていきます。

 

無事に現金を手に出来るならまだいいのですが、現金を受け取れなかったり、キャンセル不可扱いされたりと悪質な業者が多く存在します。甘い話はありません。

 

もともと、クレジットカード会社はこのようなショッピング機能の現金化を禁止しています。ですのでカードが使えなくなる可能性が大きく、その後の新規作成も困難になることが多いです。

 

現金が必要なことはあるでしょう。しかし損をする額は大変大きく、新たな借金の返済が始まるにすぎません。借金返済に利用しようと考えている人は手を出さないでください。

全国対応の借金解決無料相談事務所