信頼できる弁護士に頼もう

借金返済で債務整理などの法的手段をお考えの方は、司法書士や弁護士といった専門家に依頼することになります。

司法書士も弁護士も数多くいるので、どの人に依頼するのか最終的に決めなくてはいけません。

最近ではグレーゾーン金利の問題で債務整理の件数が格段に増えています。本来なら面接を経て相談しながら解決することをメールなどで済ませる業者が出てきています。

メールや電話のみでやりとりが終えられるので成功した場合は余計な気遣いもいらず、得した気分になるでしょう。しかし実際はそう甘くはありません。

過払い請求の返還金が戻ってこない、今後の返済計画が考えていたのと全然違う、契約書がない、といったトラブルの可能性が大変大きいです。またそういった業者は通じて、ぼったくりといえるような報酬を要求してきます。

素人ですから相場がわかりませんし、言われるがまま払ってしまうケースが後を絶たないようです。これはやはり、面接を端折ったことに一番の原因があります。

自分の借金返済の今後がかかった大事なことですから、必ず面接は行い、依頼する人がどんな人物なのか確認しましょう。もちろんその業者のよしあしも確認すべきことです。

やりとりの証拠は確実に保管し、面談は現在義務化されていますので必ず行ってもらうよう徹底しましょう。借金返済でも大変な時期にこのようなトラブルが加わるとさらに大変になります。

報酬も安価ではありません。相当の代金を支払うのですから、こちらも弱気にならずしっかりと意向を伝えるようにしましょう。

※当サイトでご紹介している弁護士&司法書士は全て信頼できる専門家のみ掲載しておりますのでご安心ください。

コメントは受け付けていません。